ご家族一人一人のライフスタイルに合わせた空間に

定休日:日曜 / 営業時間 8:00~18:00

メニューを開く

暮らしやすい空間

暮らしやすい空間

1人1人に合わせた共感できる暮らしのご提案

お子様が生まれたばかりのご家族、
二世帯住宅のご家族、
子供が大きくなって巣立っていくご家族など、
皆様々なライフスタイルだと思います。

LIVEABLE SPACE

リビングを一望できるキッチン

style01 お子様が小さいご家族

リビングからお子様を見守る

お子様がまだまだ小さいご家族であれば、
いつもお子様が視界に収まっていないと不安ですよね?
そんな時は生活導線を見直してみましょう!

あなたが普段良くいる場所で、お子様から目を離しがちになるのは?
きっとキッチンが多いのではないでしょうか?
そんな時はキッチンを中心に、リビングを一望できるように間取りを
作り変えてみましょう。
そうすることでお料理中でもお子様を見ることができて安心です。

部屋数の多い間取り

style02 二世帯住宅のご家族

一人一人にプライバシー空間を

二世帯住宅のご家族で気を付けなければならないことは、プライバシーについてです。
双方のプライバシーを守りながら、リビングは広めの間取りにすることで、家族団らんの空間を確保することが大切です。

また、家族が多いので部屋数もそれ相応に多くなることが多いです。
しかしそれぞれの部屋が狭くなってしまっては暮らしづらくなってしまうので、良く人が集まる場所や荷物が多くなりそうな部屋を優先的に広く取るなど、リフォームやリノベーションをする前から
どの部屋をだれが使用するのかを決めておく必要があります。

平屋の家

style03 子供が巣立ち夫婦二人のご家族

空いてしまった部屋を有効活用

子供が大学生、社会人になり一人暮らしを始めるようになると、お部屋が空いてしまって勿体ないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時は改築をしたり減築をすることをオススメします。
最近では平屋のお家も人気で、子供がいた時は2階建てだったけど巣立ってしまったので平屋の家にしたいという要望もいただきます。
平屋のメリットとしては生活導線をよりシンプルにまとめることが出来るようになります。
また、リフォーム・リノベーションをする際に、バリアフリー化をしておけば老後のことを考えてもとても住み心地の良い家になってくれます。

バリアフリー化

style04 高齢の方がいるご家族

車椅子でも快適なバリアフリーの家

今ではバリアフリーは一般化してきており、リフォーム・リノベーションの理由としても多くの人が考えているのではないでしょうか?

高齢者の方でも住みやすいようにリフォーム・リノベーションをするにはいくつか方法があります。
簡易的なリフォームであれば、廊下やお風呂場、トイレなどに手すりをつけるなどができますし、
少し大掛かりなものであれば、階段部分にリフト(階段昇降機)を取り付けることもできます。
リノベーションをすることで各部屋の段差をなくすように設計をしたり、廊下の幅を広めにとったりすることで、車椅子で生活をする場合でも暮らしやすい空間を確保することができます。

住む人たちに寄り添った空間作り

そこに住む人たち全員が笑顔で暮らせるように。
東工務店ではご家族全員からお話を聞き、
みんなが満足できる空間作りをご提案しています。
「もっと詳しく知りたい」という方はぜひお問い合わせください!

新しい価値を提案します デザイン×実用性 +αのご提案
リフォーム施工事例 お客様の声

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る